ホラーはエロとグロが多すぎる


なぜ、ホラーはエログロがセットなのでしょうか。

特に海外ホラー。

これは人間の奥底にある欲望を煽るためにあるのでしょうか。

私は過度なエログロは嫌いです。
なので、どうしても和製ホラーばかりにいってしまいます。

ただ、和製ホラーは怖いんです。
ホラー映画は大好きですが、和製ホラーって本当に怖い。
トラウマになってしまった映画もいくつもあります。

一番のトラウマは女優霊。

リングの監督が初期の撮った知る人ぞ知る、ホラー映画です。

映像自体がちょっと古めなのもあり、
またリングよりも直接的な表現も多々あり、
めっちゃ怖いです。

今見るとそうでもないですが、
学生のころに見たときはラストは目をつぶってしまいました。

まあ、でもそこから私のホラー映画好きは始まったんですけれど…

怖い物みたさって言葉が私のホラー映画好きの根本にあるものなのです。

見たくはないけれど、見てしまいたい、後悔したい。
それがホラーへの欲求なのです。

おそらくこれは誰でも持っているものなのだと思います。

私の最終目標はホラー映画を自分で撮ってみることです。
そのためにいろいろな怖い映像作品を見ています。

人間がなぜ恐怖するのか、そして、それをなぜ見たいのか。

これを追及していきたいのです。

ホラーDVDをコピーしてコレクションする


ホラーDVDと一口にいっても、
いろいろあります。

まずはジェイソンやエルム街の悪夢などのパニックホラー系。
殺人鬼など生身の人間が怖い、人間が怖い系。
そして、ジャパニーズホラー。

リングに始まり、呪怨、着信アリと和製ホラーは海外でもリメイクされるほどの人気です。

ただ、ここらへんって東洋人と西洋人の感覚が違うから、
無理にどちらかに寄せることなく、それぞれでいいところを吸収してそれぞれ別の怖さを表現していくのがベストだと思うのです。

最近は素人が撮影したような撮影手法で録画された実録動画系も日本だけでなく海外でも多くなっています。
これは映像技術の発達により、だれでも簡単に加工などをしてホラー映像を撮ることができるようになったからだともいえます。

そんないろいろあるホラーのジャンルから私は好きな映像だけをまとめてコレクションしています。
安全なDVDコピーの方法を知ってから、これの作成が趣味となっています。

それだけ、ホラーってあたりハズレが激しいんですよ。
ホラーを見るたびに怖さと笑いは紙一重なんだな、と思います。

やりすぎると笑ってしまうんです。人間って。
非日常すぎると滑稽になってしまうんですね。

こういうのを模索しながらホラー映画って作っているんだなあと思うと、
ホラー映画を製作してる人は偉大だなと痛感します。